プロフィール

瀧村

Author:瀧村
気ままにSAやってる中2です。
同趣味同年代の方。
またはそれ以外の方でも歓迎です。
SAでは瀧村でやってます。
見かけたら声かけてくださいな。

Flashカレンダー

検索フォーム

FC2カウンター

ブロとも一覧

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TAKIMURA的SA録
この青い空の下、死ぬほど眠っていたい(後半台無し
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAMAS
今日はSAでも地味に使われているFAMASについての紹介です。
まずは一般的に見たFAMASをどうぞ。

この銃はフランスのGIAT(現・NEXTER)傘下の、
サン=テチエンヌ造兵廠が製造した第一世代のブルパップ方式アサルトライフルだそうです。

フランス陸軍で1977年7月にMAS 49/56 半自動小銃やMAT 49短機関銃の後継として制式採用され、
その形状から、フランス軍の兵士からは小型の金管楽器であるビューグルを意味する、
クレロンの愛称(?)で呼ばれていました。
日本ではトランペットと呼ばれています。これは有名ですね。

以下、ウィキペディア参照

携帯性の向上のために、銃身を縮めず全長の短縮が可能な、ブルパップ方式を採用している。
長い銃身と独自のディレード・ブローバック機構により、集弾性能と連射性能は高く、
連射時に激しく動くボルトが銃床内に格納されているため、連射時の安定性もよいとされる。

初期型では照準器を兼ねるキャリングハンドルが脱着できないことから、光学照準器を取り付けられない。
後期型でキャリングハンドルをマウント付きの物に交換する事が可能になったが、
取り付け部直下にボルトハンドルが存在するため、光学照準機は実際の射線から離れてしまう。
改良は重ねられており、採用後30年経った今でも一線で使用される。

オプションパーツとして3点バーストユニットが組み込めるようになっている。
これはセーフティとは別の切り替えスイッチが用意され、ONにすることによりフルオートが3点バーストへと切り替わる。
反動による銃口移動が発生する前に撃ちきるため、他の自動小銃で毎分700回程度の連射速度を、
G2では毎分1100回の高速に設定している。

同様に3点バースト機構を持つ拳銃であるM93RやVP70などは、いずれも高速回転となっている。

民生品としてフルオート、3点バーストを排除したものがフランス国内で300丁、北米用が300丁の計600丁のみ販売されていた。
3点バーストの切り替えスイッチ自体は存在するが、機能しない。

傭兵の高部正樹は、フランス人傭兵の多くがFA-MASを「実戦で使う銃ではない」と酷評していた例を挙げ、
自国の製造物に愛着を持つフランス人が発した言葉だけに驚きを隠せなかったと語っている。
高部本人は、ブルバップ小銃全般を実戦で扱った事がないことから、自身は評価を下すことはできないとしている。
スポンサーサイト

コメント
3000円でエジプト旅行、管理人
リンクしときますタ。

コメントしてね~

よろしく~
[2009/02/01 11:52] URL | もなか #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://genesis550.blog77.fc2.com/tb.php/37-3fbe1fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。